小顔にみせるメイク術を美容部員に聞いてみました

まぶたのシワやたるみを解消

乾燥が気になる秋から冬、それに伴う小じわも目立ち始める季節です。目元や口元を始め、顔全体にもしわが目立つようになります。

鏡を見ると落ち込んでしまうことが多々あります。そんなときには、今からでもできる小じわのケア方法を考える必要があります。

シワにとって一番有効な対策はスキンケアの際に行う保湿です。ただ化粧水を使えばいいというわけではありません。

この記事では、セルフケアでも簡単に行うことのできるシワのケアについてご紹介します。

まず、シワの原因のもとを除去するためにはメイクを落とす際には、しっかりとクレンジングをすることが大切です。

クレンジングを怠るとしわができやすくなるのでしっかりと汚れを落とすことを心がけると良いです。次に、洗顔後の保湿です。化粧水で古い角質を落としたら、乳液やクリームなどでしっかりと保湿をするようにします。

目元や口元をなど気になる部分はしっかりと保湿することを心がけるようにします。次に毎日取り入れる必要はありませんが、目元のパックも有効です。ドラッグストアなどでは、目元専用のパックも数多く販売されています。

また、コットンなどに化粧水を染み込ませたローションパックは、自宅で簡単にできます。ローションパックのおすすめの時間帯は、夜、お風呂上がりなどで毛穴が開いているときです。

エステや高価な化粧品を使用するより、身近なところからケアを始めると良いです。